お気楽山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 晩秋 七曜岳

<<   作成日時 : 2008/11/05 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

■山名 七曜岳
■天気 
■コース 水太林道登山口〜水簾の滝〜無双洞〜奥駈出合〜七曜岳〜林道登山口

今週末も、、、秋をさがしに、、、大峰、、七曜岳へ。

水太林道登山口まで車でとことこ進みます。
落ち葉の絨毯が林道に敷き詰められてます。
バックミラーをのぞくと、車の後ろで落ち葉がダンスしています。

橋のたもとに駐車し、、、いざ、出発 沢沿いに歩を進めます。

今回はいつになく読図修行に励みます。
1/25000地図とコンパスが首からブラブラ。
   うんうん、、ここで、二つの沢が出合うのやね、
   正面の尾根があって、そこを登るのか、
   進行方向はこれでいいな、、、なるほど、なるほどね。            
確かに、地形図は現地で確認しながら見ると、うなずくことが多いですね。
        相方 「ほんまに、わかってるん?」 
        お気楽 「失礼な〜

ひと登りで、水簾の滝です。 
優しい滝やね。 岩肌をなでるように水が流れていきます。
画像

滝のすぐ上が、無双洞。 木のハシゴもかなり傷んでます。
中から水が勢いよく流れてます。中に入れるけど、小心者&閉所恐怖症のお気楽はパスです。

一休みしてから、、さあ、急斜面に取り付きましょう。
落ち葉をザクザク踏みしめながらジグザグに登ります。 耳に心地いいです。
画像

木の間から、水太覗が見えてきましたよ。
以前あそこでご飯食べてたら、行者さんの集団がきて恥ずかしかった記憶が、、、
画像

やがて、傾斜が緩み、尾根にのります。 
右に折れ、尾根沿いを進みます。読図、、読図。

巨木が2本、年月を重ねて仲良く並んでました。
私たちは大きな木が好きです。
なんかどっしりして、心落ち着きます。 寄っかかると昔話を聞かせてくれそうです。
画像

まだまだ紅葉が残ってますね。
画像

お馴染みのギザギザ(大普賢)が右手に登場です。
ぽっかり白い雲も浮かんでます。
画像

尾根道を進みます。 
素敵な紅葉の広場も。 テン泊したら気持ちよさそうなところですね。
画像

だんだん傾斜がきつくなってきました。 
巨岩の間を縫うように進みます。
例の木の階段とトラロープです。 おや?一段腐って壊れてるよ。
画像

木の根っこ、岩角につかまりながら、ヒーコラ、ヒーコラ、、息があがります
石楠花と笹の道に変わると、、、お!ようやく奥駈出合が前方に。
画像

あとはほんのわずか、、鎖場を登ると、、、
画像

七曜岳の頂に飛び出します。 到着
画像

山頂の狭い岩場から弥山、バリゴヤノ頭、稲村ヶ岳、、、(↓画像クリック)
画像

大普賢、小普賢、日本岳、そして大台ヶ原ドライブウェイも見えます。(↓画像クリック)
画像

のんびり、、まったり、、、秋の日差しを身体に受けながら、思う存分眺めを楽しみます
さあ、下山しましょう。 ゆっくりのんびり下ります。 

激下りして、、、ようやく林道の橋が見えてきました。
画像

今秋の山行もいろいろ足を運びました。 
今年はたっぷり秋を満喫したかな。
さあ、車で帰りましょう。 お疲れさ〜ん
画像



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
水太林道から七曜ですか!思いも付かぬコースです!
登りはキツそうですが、七曜への最短コースでしょうね
晩秋のムードがいいカンジですよ〜
スロートレック
2008/11/10 21:09
スロトレさんへ
以前、スロトレさんたちも歩いたコースですよね。
周回コースは人気があるようで10人ほどと会いました。
お気楽
2008/11/12 08:10
関係者情報が鍵を握る今年の第57回クイーンステークス
一般的な狙い目とは少し違った競馬情報を関係者から入手しております。穴場を見つけたいと願う方はぜひどうぞ。 http://keiba.ytyyhlz.net/
競馬King
2009/08/15 17:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
晩秋 七曜岳 お気楽山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる